2015年07月31日

『Small happening ささやかなできごと』

『Small happening ささやかなできごと』という曲を公開しました。またまた、曲の後にタイトルです。
今のところ、編曲を除き16曲を公開していますが、自分としては性格的小品集(グリーグの『抒情小曲集』やメンデルスゾーンの『無言歌集』やシューマンの小品集くらいの短い曲)のような感じをイメージしています。

伊福部昭公式ホームページの中の石丸基司さんのエッセイで、伊福部昭の弟子、芥川也寸志がタイトルは「自分の赤子の顔を見ないと命名が出来ないのだから、脱稿してからの命名する」と語ったことを紹介しています。
私は自分の子の名前をおなかの中にいる時に考えていましたが(笑)、曲に関しては芥川也寸志と同じスタイルの方がやりやすいです。でも、言葉からイメージを膨らますこともあります。

石丸さんは音楽の表現できる内容は「音楽」でしかないのだから、タイトルをつけるのは変だという考えも書かれています(前奏曲、即興曲の何番とかいうのはOKだそう)。
私も音楽で表現できるのは「音楽」なのだと思います。でも、タイトルがあってもいいじゃないのという考えです。大切なのは感動してもらえる曲かどうかということで、人間だって名前がその人のすべてを表しているわけじゃないし。

写真は京都府立図書館前にいたスズメ。同じような写真を撮ったけど、夫の一眼レフの方がかわいく写ってたのでそっちにしました。


posted by yoko at 00:09| 京都 ☀| 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月27日

建築と音楽 その1

夫は建築設計をやってますから、建築と音楽についての話をたまにします。
町家の改修の仕事もあるのと、かつて私たちも町家に住んだことがあるので、古い家のあり方についてもたまに。
町家の改修に携わっている専門家は、古いものを忠実に再現することにより価値を置く人と、現代の生活によりふさわしいやり方で古いものを今に生かすという考え方の人と大きく二つにわかれるようです。
その話をしていて、バッハやモーツァルトを今のピアノで弾く場合、昔の楽器で弾いていたように弾くべきかどうかという話がたまにあるなと思い出しました。
私が知ったピアニストたちの意見は大方、今のピアノを生かして美しく演奏すべきだ、のようです。私もそう思います。


posted by yoko at 00:12| 京都 ☀| 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月25日

ホームコンサート

今日は、オカリナKさんの知り合いのおうちで行われたホームコンサートで演奏させていただきました。
大きなおうちで、30人くらいは来られていたように思います。皆さんお茶を飲んだりお菓子を食べながらなごやかな雰囲気で、でも静かに鑑賞してくださいました。
アンサンブル曲のうち2曲以外とソロは自分の作・編曲の曲で。コンサート始まる前のBGMも勝手に自分の曲を静かに弾いていました(笑)。
こういうスタイルのコンサートは好きですね。
なんか作文のようなブログでした(笑)


posted by yoko at 22:57| 京都 ☁| 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月10日

彼らは独学だった

坂本龍一さんの『音楽は自由にする』という本を読んでいます。自伝のような内容で、幼稚園時代から始まります。

坂本さんが大学を卒業した後、YMOを始める前、山下達郎、細野晴臣、矢野顕子と次々と知り合う中で、彼らの音楽を聴いて当然自分と同じようにクラシックベースの音楽理論を学んだ上であのような洗練された音楽を作っていると思ったら、そんな勉強はあまりしていないということで、たいそう驚いたということです。

「つまり、ぼくが系統だててつかんできた言語と、彼らが独学で得た言語というのは、ほとんど同じ言葉だったんです。勉強の仕方は違っても。だから、ぼくらは出会ったときには、もう最初から、同じ言葉でしゃべることができた。これはすごいぞと思いました。」

興味深い話で、この部分をピックアップしてみましたが、その他にもおもしろいことがたくさん書かれています。この後ますます面白そうです。


posted by yoko at 00:16| 京都 ☁| 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月05日

『Peaceful time なごやかな時間』

『Peaceful time なごやかな時間』という曲を公開しました(YouTube)。
前回からマイクの位置を少し離して録音してみましたが(録音は夫担当ですが)、どの位置がよりいいのか判断が難しいですね。どこに置いても弾いている時に聞こえている音とは違って聞えますね、当たり前ですが。
以前、生ピアノのある録音スタジオに下見にも行きましたが、弾きなれていないピアノの上に時間制限もあるから焦ってうまくいかないかもしれないしお金もかかるし、とりあえずしばらくは家で録音します。
曲と合わせる写真は今まで撮りためていたものの中から選んでいます(中には夫と娘撮影の写真も)。天の川だけは持ってなかったので(いつか本物を見てみたい!)、フリーの写真を使いました。

posted by yoko at 15:39| 京都 ☔| 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月03日

腰痛にもめげず新曲

『Song of the wind 風の歌』という曲を公開しました(YouTube)。
この曲がまだ未完成の、この間の日曜日の朝、ぎっくり腰になったようで腰痛に苦しみながら2日後くらいに完成させました(笑)。
何が大変かというと、座っているのが辛い! 色々調べましたが座っている時の腰への負担は立っている時の1.4倍だそうです。それで立ったり、寝転んだり、その間に少し座ったりという生活で不便極まりない。パソコンもピアノも読書も立ったまま(たまに座る)。ご飯を食べるときはさすがに座りますが。寝転ぶのが一番楽ですが、これも痛くない体勢が難しい。痛いからといって動かないのはよくないようで、買い物などにも出かけています。
まあ、ストレッチしたり努力して少しずつましになって今日はだいぶ長く座ってられるようになりました。それで、昨日、今日と録音にトライしました。昨日録音したのは別の曲ですが、また後日とりなおします。なんか、このように予想外のことで日々の取り組みが中断されるのは不本意で、余計に意地になる感じです。ここ1ヶ月くらい朝ラジオ体操したり、夕方歩いたりということを始めていただけに、悔しい。今後はさらに気を付けてぎっくり腰は二度と繰り返さないぞ〜(笑)


posted by yoko at 23:49| 京都 ☁| 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする