2015年05月11日

伝わるといいな、という思いです

今日は児童館で行われている月一の「ピアノに合わせてあそぼう」の日でした。今日も多くの親子で歌ったり体を動かしたり。
最後のプチコンサートでは自作の「チューリップ変奏曲」と「ひだまりで」という曲をやりました。
「チューリップ変奏曲」は、一応童謡のチューリップを編曲したものですが、何度か転調するし、短調にもなるし、原曲にはないメロディーもあるしで実はそんなに(ぜんぜん)子供向けじゃないかなと思っています。
でも誰にとってもなじみのあるはずのメロディーが出てくるから、なんとなく親しみをもってもらえるのではと思って選びました。
「ひだまりで」はタイトルをイメージしてから作ったもので、こっちの方が穏やかな感じかも。3拍子の軽やかな曲です。
好きなクラシックの作品を演奏して聴いていただくのももちろんうれしいことなのですが、自分の作品はまた違った気持ちで気合が入ります。自分の作ったもの、自分の音楽をちゃんと伝えたいというか。皆さん静かに聴いてくださって(小さな子がたくさんいるというのに)、ありがたいことです。
今日もみんなと一緒に音楽ができて楽しいひと時でした。



posted by yoko at 23:26| 京都 ☁| 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする