2015年05月19日

月のひかり

「月のひかり」という曲を作りました。月の光には若い頃からとても魅せられています。部屋のあかりが全部消えているのにほんのり明るくてはっとする。窓から入ってくる月の光はとても幻想的で、いつも静かな感動があります。

娘が小学生の時に、夫とweb絵本を作っていたことがあるのですが(私がお話を書き夫が絵を描く)、その中に「月のひかり」というお話があります。


tsukinohikari-2.gif


tsukinohikari-3.gif


tsukinohikari-4.gif


tsukinohikari-5.gif


tsukinohikari-6.gif


tsukinohikari-7.gif


tsukinohikari-8.gif


tsukinohikari-9.gif


子育て中には色々な思いがあって、たくさんの物語が浮かんできましたが、このお話で伝えたかった思いは今でも変わらないなあと思います。

月の光と言えば、ドビュッシーの「月の光」、ベートーヴェンのソナタ「月光」が有名ですよね。全然違った月の光を音楽で表現している。私もさっそく「月のひかり」をイメージして作ってみたわけです(ほんの小品です)。でも、この言葉からはもっとイメージが浮かんできそうなので、また将来同じタイトルで違う曲を作ってみたい感じがします。

そして、今日は久々にベートーヴェンの「月光」第一楽章を弾いてみて、ああ、なんて深い美しさをたたえているんだろうと、感じ入りました。




posted by yoko at 00:16| 京都 ☁| 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする