2015年11月18日

水彩画展で

今日の夕方、夫と寺町のギャラリーカトで行われている淺田ようこさんの水彩画展を見に行きました。淺田ようこさんは夫の水彩画の先生です。雨が降っていましたが、ギャラリーには次々とお客さんが来て、熱心に絵に見入ったり、絵について淺田先生に質問をしていました。花の絵と外国の風景の絵が多かったですがとにかく色づかいがきれいし、明るいです。見ていると晴れやかな気持ちになってくる。絵を見ていて、まるでその場でその光景をみているような気分になりました。写真では写せない、その場の空気のようなものが表現されているからではと思ったりします。

淺田ようこさんの絵からは、見ている人を幸せな気持ちにしたいという思いが伝わってくるようです。そして見ている私たちは幸せを感じる。芸術とはそのためにあるのだと改めて思うのでした。

私も聴いている人にほんの少しでもいい気持ちになってほしいといつも願っています。

asadasensei.jpg


posted by yoko at 23:55| 京都 ☔| その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする