2016年08月29日

感動すること、表現すること

改めて言うまでもないのですが、私はピアノを使って音楽を表現することが好きです。それは一つの形として、自分の内面を表現していることになると思います。何かを表現するのは、能動的な行為で、受け身の行為としては(積極的にですが)、もちろん音楽を聴くこともそうですが、自然や絵画や建築や映画や本や様々な感動を与えてくれるものに接することになると思います。そこには垣根はありません。「自分がいいと思えるもの」という共通性があって、どの分野に属するかということはどちらでもいいです。
以前、自分に感動を与えてくれるものに接することは、自分の表現行為にどういう関係があるのだろうと少し考えました。その時気づいたのは、感動したら今度は自分が何かを表現したくなるということです。自分がいいと思えるものはたくさんあっても、音楽とその他の決定的な違いは、自分が行為者として表現したいと思えるのは音楽であって、絵を描きたいとか思わないわけです。そこに情熱の大きな差がある!
そういうわけで、これからも色々なものに感動し続け、その感動を表現の糧としていくだろうと思います。

8月に行った二つの美術館。

kahitsukan.JPG
何必館

domoto.JPG
堂本印象美術館

何必館では村上華岳の絵が、堂本印象美術館では堂本印象の襖絵などが特によかったです(どっちも渋いな!)。シンプルな絵ほど、その線を選ぶセンスが感じられてすごいなと思います。


posted by yoko at 00:16| 京都 ☁| Comment(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。