2016年09月16日

心と心が

またまた「心」ですが……。最近の私のキーワードかも。

何度か書いていますが、私は音楽や映画などで泣くことは多いですが、絵を見て涙が出てきたのは今まで2回だけです(以前の「ゆ〜るりぶろぐ」などでも書いていましたが)。もう何年も前ですが、1回目はいわさきちひろが子どもの絵を描いたものばかりを集めた展覧会で。
涙が出るのは理屈じゃなく、ストレートに感情に訴えかけてくる何かによってだと思いますが、それまで絵を見てそういう気持ちになったことがなかったので、少し驚いたくらいです。いわさきちひろの絵は写実的でないのに、ものすごくリアルだと感じるのは(私は)、そもそも絵では描ききれない子どものかわいらしさをこちらの想像力に訴えかけてふくらませる力があるからじゃないかなと思ったりします。シンプルな線(でも、ものすごく子どもを知り尽くして表していると感じられる)に子どもへの愛情、思いが込められていることが伝わってくる気がしたのです。

そして、2回目は3年ほど前(?)「印象派展」で見たいくつかの絵です。誰の絵だったか名前は覚えてないのですが、風景画ばかりです。なぜ風景画で涙が出てくるのか、不思議に思いました。理屈で考えてもわからない。ただ、その他の絵も含め多くの絵から作者がそこで感じている感動のようなものが伝わってくる気がしました。私がもしその場へ行ったなら、そのような心情になるだろうと疑似体験しているような気がしたのです。実際、自然の美しい風景を前にしている時は、目だけでなく、風や光やにおいや温度や音や様々なものを全身で受け止めているわけですから、そのような感動を思い出させる力とはすごいものです。

前回のブログで、『古今集』の中にある記述を少しご紹介しました。
「すべて詩(広くいえば文学、芸術)というのは、まず作者の心に詩的(芸術的)感動が存在するのが原則であるから、……」

きっと見ている者の心をゆり動かす作品というのは、作者の感動によるものだろうなと思います。そして、それを表現する力は必要ですが。

絵に限らず、色々な作品に接してきて、最近特に思うのですが、私が求めているのは作品そのものというよりも、その奥にある「心」だなと。それを判断しているのは、理性ではなく、感情なのだなと。心が心に反応しているということでしょうか?

私がめざす表現というのは、やはりそのように聴いてくださる人たちの心に届くようなものです。




posted by yoko at 14:45| 京都 ☁| 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする