2016年09月11日

芸術は「ご飯」だ?

8月の下鴨納涼古本まつりで買った『日本の芸術論』(安田章生著/東京創元社)をちびちび読んでいますが(昔の言葉(引用文)が多くて読みづらい(-_-;))、「序」の部分に、かなりこの本の趣旨と思われる文章があります。

「日本の芸術論全般に通じる特色というようなものを考えるとき、何よりもまずあげるべきは、詩的なもの、余情、素直さ、自然であることを尊重する点が、たいへん強いということであろう。これらの点は、とりもなおさず日本の芸術全般に見られる特色でもある」

この時点で、この本が私が求めていることが書かれているであろう本であることが期待でき、買ってよかったと思いました。古い本の中には本当に貴重な本があると思います。

本の中に「音楽論」というのも出てきますが、「詩歌論」「演劇・戯曲論」などに比べるとかなり簡単で短いです。
私がなぜここにきて、日本の芸術(特に伝統的な)に興味を持ったかと言えば、自分が小さい頃からずっと西洋音楽をベースとした音楽に接してきていて、私の中にある音楽はほぼ西洋音楽でできていると思うのですが、でも和花や、日本の庭や、無垢の木や日本の美しいものは好きだし、まさに「詩的なもの、余情、素直さ、自然であること」が感じられる日本的な美意識というものも持っていると自覚していて、その両方が自分の中でどのように同居しているんだろうと、常々考えたりしているからです。

特に、曲を作り出してからだいぶたって、西洋音楽ベースからスタートした自分の音楽が、少しずつどこかで自分の中の和の感覚に影響を受けてるんじゃないかな?と思うこともあります。それは「雅楽」とかいう意味じゃないです(笑)。もっと抽象的な感じです。

西洋音楽は「自然であること」とは、だいぶ違って、もっと人間の「美しいものを作る」という意思をもって作られているように思います。それが西洋音楽の強さであり、民族を越えて人をひきつける魅力にもなっているのだと思います。
ちなみに、この本の「音楽論」の中に、次のような文があります。

「真にすぐれた芸術というものは、「飯」の味のように、平凡に似て、いつまでも飽くことのない性格を持っているものであるといえるであろう」

芸術は「ご飯」です!(笑) 確かに日本人はご飯が好きだし、自然だー! ちょっとガクッときましたが(笑)

毎日創作を続ける中、非常に異なった西洋と和の芸術の違いについて考え、感じています。


furuhon2.JPG


posted by yoko at 00:40| 京都 ☁| Comment(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月04日

画像の効果

先週の金曜日、大阪のスタジオで録音してきました。時間配分を誤って、時間が足りなくなったこともあり、結局今回録音したうちの3曲だけYoutubeやsound cloudなどにアップしました。
今回もそうですが、画像は今までもFree photo(無料で使える写真)を何度か使わせてもらってます。きれいな画像を見ながら聴くと、少しよく聴こえる気がします(笑)。
今回初めて、人物の写真を使わせてもらいました。人が入るとよりドラマチックな雰囲気になると自分では感じています(赤ちゃんかわいいし!)。


Josh Willink という方の写真です。

あとの二つ

Scenery of the faraway town(Piano solo)  遠い町の風景(ピアノソロ)


Recollection of the dream(Piano solo)  夢の回想(ピアノソロ)



posted by yoko at 15:10| 京都 ☁| Comment(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月29日

感動すること、表現すること

改めて言うまでもないのですが、私はピアノを使って音楽を表現することが好きです。それは一つの形として、自分の内面を表現していることになると思います。何かを表現するのは、能動的な行為で、受け身の行為としては(積極的にですが)、もちろん音楽を聴くこともそうですが、自然や絵画や建築や映画や本や様々な感動を与えてくれるものに接することになると思います。そこには垣根はありません。「自分がいいと思えるもの」という共通性があって、どの分野に属するかということはどちらでもいいです。
以前、自分に感動を与えてくれるものに接することは、自分の表現行為にどういう関係があるのだろうと少し考えました。その時気づいたのは、感動したら今度は自分が何かを表現したくなるということです。自分がいいと思えるものはたくさんあっても、音楽とその他の決定的な違いは、自分が行為者として表現したいと思えるのは音楽であって、絵を描きたいとか思わないわけです。そこに情熱の大きな差がある!
そういうわけで、これからも色々なものに感動し続け、その感動を表現の糧としていくだろうと思います。

8月に行った二つの美術館。

kahitsukan.JPG
何必館

domoto.JPG
堂本印象美術館

何必館では村上華岳の絵が、堂本印象美術館では堂本印象の襖絵などが特によかったです(どっちも渋いな!)。シンプルな絵ほど、その線を選ぶセンスが感じられてすごいなと思います。


posted by yoko at 00:16| 京都 ☁| Comment(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月27日

今日の演奏

今日は「いるかショー」でした(うちの娘がそう言った(笑))、じゃなくて、「いるか喫茶バー」で1時間半BGM演奏してきました。
先月の演奏の後、よりBGMを意識して作った曲を6曲加えました。抑え目でもやはり自分としてはどこか抒情的というか、エモーショナルな感じを含みたいという気持ちがあって、そんな感じになっていると思っています。私が弾いてる1時間半の間、ずっといらっしゃったお客さんもおられたし、1人の方や友だち同士などがそこで過ごされる時間が少しでもいい雰囲気になればと思いつつ弾いています。
来月は24日(土)に演奏します。

iruka1.jpg


iruka2.jpg
演奏後、紅茶を飲んでくつろいでいる。

posted by yoko at 22:35| 京都 ☁| Comment(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月09日

地域固有の音楽と、広く共有する音楽について

7月、京都ではどこへ行っても祇園囃子がスピーカーから流れている感じでした。近くのスーパーでも、四条通りでも、京都駅でも。最初は、「ああ祇園祭やなあ」と思うのですが、そのうち、くどい!(笑)と思えてくる。そして、何より祇園囃子は、祭りの時ライブで聴くものだと思います。祭りのムードが高まるいいものです。
それでも、もし京都の人間が、京都から離れて暮らしていて、例えスピーカーからこの音楽を聴いたとしたら、懐かしく思うかもしれません。それは、音によって情景がよみがえってくるからでしょう。日本という国の、さらにローカルな場所で共有されている音楽。そういったものは、日本のその他の地域や、外国の様々な地域などすごくたくさんあると思います。でも、逆に言うと、文化的背景や思い出などを共有してない人が、例えば祇園囃子を聴いてしみじみするかといえば、それはないのではと思います。ドビュッシーがインドネシアのガムランを聴いて衝撃を受けたというエピソードがありますが、それは作曲家として触発されたということでしょう。

世界中にある、民族音楽はその地域の人たちや、また研究材料として価値あるものだと思います。地域の音楽は人々の心ををつなぎとめる役割もあるかもしれません。ただ、民族や地域を越えて共有するにはやはり音楽以外の部分を含めて共有してないと難しいんだろうなと感じます。

これと対照的だなと思うのは、西洋クラシック音楽をベースとした音楽です。クラシック、ジャズ、ロック、ポップスなど私たちが普段耳にする音楽のほとんどは、西洋クラシック音楽が簡素化されたり、変化したもので、平均律で構成され、コードをつけたり、移調したりすることができる。これは、民族音楽の複雑な音律(すべてがそうか知りませんが)と比べればシンプルですね。またクラシックの和声も平均律の前はもっと、響きを重視した色々な音律があった。平均律で扱いやすくなった音楽の何よりのメリットは、共有しやすく
なったことではないでしょうか? 結果的にみれば、それは文化的、民族的背景などを共有してなくてもです。上にあげたような音楽ジャンルは多くの国々で愛されていますよね。

5月にスイスの友人が遊びに来た時に、たまたま80年代の洋楽がかかっているお店に連れていったら、大喜び。私たちにとっても懐かしい曲ばかり。彼女が帰国する際、関空に送っていく車の中で一緒にカントリーロードを歌いました(彼女は感極まってました)。外国人の音楽の先生と、クラシックの色々な曲について語った時も、おもしろかった。私たちはまったく別の環境でそれらの音楽に感動している経験を持っているのだから。

オリヴェエ・アランの『和声の歴史』に次のように書かれています。
「音空間を移動しやすくするように、伝統的なピュタゴラスやアリストクセノスの音程が平均律によって多少変更されても、耳が受け入れるようになる。同じ和音ならばどんなに高さを移しても和音として変化しないようにするためには、まず音列をこのように改める必要があったのだ。もちろん、このように変えたために、いくつかの特徴のある表現、たとえば、ある旋法に独特の「エトス」(特有の表現)とか、平均律採用前にはおのおのの調性がもっていた独特の色彩とかいうようなものを聞けなくなったことは事実である。
しかし、失ったものを惜しむあまり、得たものを過少評価してはならない。歴史的発展には、従うまいとしてもむだであろう」
「和声の歴史を理解することは、ヨーロッパで聴感覚が経てきたさまざまな発展段階を再確認することである。これは音の「語法」の相対性を認めることではあるが、同時に、耳が持つ無限の適応能力を知ることにもなる」

平均律の音楽が主流となったということは、響きの純粋な美しさの追求よりも、耳は皆で楽しむことを優先したということかもしれません。

地域固有の音楽と、世界中で共有できる可能性のある音楽、どちらがいいかという話ではなく、目的によって違う形であり続けているのだなと思うのです。


posted by yoko at 00:17| 京都 ☀| 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月23日

BGM向けの曲

今日は一乗寺の「いるか喫茶バー」でBGM演奏してきました。今日もオリジナルを20曲以上用意していきました。
お店の人からは途中で休憩をと以前に言っていただいていますが、その間普通のBGMに切り替えるのもどうだろうと思って、結局1時間半通して弾いています。時間があるから、今日はやめとこうかなと思ってた懐かしの曲のアレンジしたものも弾きましたが、ちょっと練習不足でした。次は多分全部オリジナルで曲も増やします。
もともとBGMを前提に作曲してるわけではないのですが、穏やかな曲が多いのでちょうどいいかなと思っています。でも、もっとBGMに向いた曲を作ってもいいかな、どうしようなかと考えます。
たまに行く服屋さんでかかってるBGMがよそと少し雰囲気が違うから、たずねてみると、やはりそのお店に合わせて作曲してもらってるということでした。それは抑揚が少なく、くり返しが多い感じでした。でも何となく印象的で、こういった曲がBGM向けなのかなと思ったりしました。ちょっとトライしてみます。
来月の演奏は27日です。

iruka2016723.JPG
posted by yoko at 23:52| 京都 ☀| 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月17日

音楽でストレス解消!

今日は非営利団体「パルヨン」という、日本に住む外国人女性とその人たちを支援したい日本人をつなぐ団体の会に行ってきました。「パルヨン」というのはフィンランド語で「たくさん」という意味だそうです。私は音楽を使って何かできないか、あらかじめ代表の人にメールで問い合わせていましたが興味をもってくださったので行くことにしました。今日は定期的な会で、日本で暮らしている上で困ったことなどを外国の人たちから聞いて、日本人が答えるという形で皆で色々な話をしました。外国の皆さん大体日本語をしゃべられるので、コミュニケーションはしやすかったです。
やはり外国で暮らすということは大変で、ストレスを感じることも多いようです。私の提案した音楽イベントは、一部の人たちの感想しか聞けませんでしたが、ぜひ秋にやりましょうという方向で話がすすんでいます。皆ですぐにできることと言えば、やはり「歌」だと思いますが、それに加え「踊りたい」という希望も聞けました(笑)。歌ったり踊ったり、それはやはりストレス解消にはいいと思われたようです。こういったことは、案外、提案してみると喜んでもらえるのですが、なかなか機会はないのですね。やはり誰かがやらないと。
ひと時、音楽を楽しんだから、皆さんの抱えている問題や悩みが解決するわけではないと思いますが、心を解放してリラックスできる時間は少しでもあった方がいいのではと思います。


posted by yoko at 23:56| 京都 ☁| 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月09日

「自由」について

金曜日の夜、ある人のプライベートパーティーに呼ばれて行ってきました。そこであるフランス人の女性と話をしました。彼女は長年日本に住んでいる作家で、日本の文化にもかなり詳しく、もちろん日本語も普通に話します。色々な話をしている中で、「自由」がテーマに……

私は、クラシック音楽から色々なことを学んできましたが、クラシック音楽は「こうあるべき」という観念が強いジャンルだと思うし、そういった意味で本来自由に楽しむはずの音楽とのかい離を感じることもありました。バッハにしてもモーツァルトにしても、特に古い時代の作曲家はそこまで後世の人に対して、こう演奏してもらわないと困るという思いはなかったのではと思います。原典版もあまり何も書いてないですものね。
『正しい楽譜の読み方』(大島富士子著)という本の中にも、バッハの時代は、楽譜を、自分を知っている、自分の音楽を理解できる人間のためにだけ書いたので、細かい指示はなかった、ということが書かれています。その頃の作曲家はまさか、自分がいなくなって何百年たっても自分の曲が演奏され続けるなんて夢にも思ってなかったのではないでしょうか?
今では、演奏解釈についての本がたくさんあって、それらを読んでいるとある程度の共通認識もあり、「こう演奏するべき」という基本的な「きまり」のようなものは、歴史の中で構築されていったような感じがします。
ピアノ教室などでもそのようなきまりは、ある程度共通しているように思えますし、もちろん、その中から学ぶこともたくさんあると思います。長年かけて研究されてきたことには価値もあり、それらを自分の糧にすることは大切なことだと思います。

ある程度の解釈の自由というものがあると思いますが、それもあくまで当然オリジナルを尊重したものであるべきというのが、一般的な考え方ではないでしょうか?

クラシック音楽の素晴らしさを享受しつつも、私が曲を作りだしたことは、「自由」を求めた必然だった気もします。自分の曲なら、このように弾かなければならないということはないわけで、どのように弾くのがよりいいか、弾きながら自分で考えていけばいいわけですし。でも、凡人だから長年の経験や学びがなければ、このようなことはできなかったと思っています(別にたいしたことはしてないのですが💦)。

今でもクラシックの曲を弾いて学びつつ、自分の曲を弾くことで精神の自由を感じているというようなことをフランス人女性に話すと、自分の曲でも繰り返し弾くのなら、即興演奏でない以上、自由ではないのではという感想がかえってきました。さすが、「自由」にこだわるフランス人!かもしれません。
確かに、曲を作っているときが一番自由を感じているかな。でも、演奏してる時もです。何を自由と感じるかは人それぞれなのかもしれませんね。


posted by yoko at 00:56| 京都 ☔| 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月05日

モーツァルトを弾いて思ったこと

今日は久しぶりにモーツァルトをたくさん弾きました。毎日毎日ピアノを弾いたり、曲を作ったりしていると、少しずつ自分が変化していて、そのことを今日モーツァルトを弾いていて感じました。新たな気づきがあり、でもそれが具体的に何かというと難しく、ただ、この巨匠から学ぶべきことはまだまだたくさんあると思いました。当たり前でしょうけど。
音楽が前へ前へと進んで行く中でおこる心理面への影響は興味深い。わくわくしたり、はっとしたり。何がそうさせているのか、それを弾きながら感じることが私の学び方のひとつです。
日々の変化はわかりにくいけど、ある程度の時間が経過して自分が以前と変わったと実感できた時はうれしい。人との比較ではなく、自分が変わっていけることがおもしろい。こんな調子でやっていけたら幸せです!


posted by yoko at 23:05| 京都 ☁| 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月04日

名前が決まらない!

さて、今から手書きの楽譜をパソコンに打ち込もうと思って、ああ、またタイトルが決まってないとストップ。
前にも同じようなことを書いている気がしますが、曲ができてからタイトルをつけるのはなかなか難しい。たまたまタイトルのような言葉を先に思いついて、曲を作る場合はイメージを膨らませばいいので、やりやすい場合もありますが、その逆は抽象的なイメージを何かの言葉で表すことになるから難しいのだと思う。音楽は音楽だとよく思います。
先日もスタジオで録音してきて、まだタイトルが決まってない曲があって、なかなかアップできなかった。何日も考えてたんですけど。曲作るより時間かかってる。
絵画でも「無題」というのもあるし、そういうのにしようかと思ったけどそれをやりだしたら、無題1、無題2、と無題ばかりになりそうな気もするから(笑)、とりあえず、なんかぴったりじゃないなと思っても名前はつけようと思います。一旦決まれば、だんだんなじんでくるし。

今これ以外に、作りかけの曲が2曲。まだ名前はありません💦。

posted by yoko at 23:34| 京都 ☁| 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする