2016年02月11日

新しい音楽ジャンル?

ツイッターで色々検索しているうちに、ついにとても興味のあることを発見しました。ただ漠然と検索していたのではなく、日頃から気になっていることに関連したキーワードで。
それは「NEW MUSIC」で、どうもひとつの音楽のジャンルのようです。それも、関連するアカウントは今のところアメリカばかり。アメリカ以外ではまだないジャンルかも? 私が知らなかっただけ?(日本でニューミュージックといえば昔そういうジャンルもあったけど、全然違う。)
それでそれがどういったものかとはっきり定義できるほどわかってないのですが、私がクラシックの延長上にあると認識している現代音楽(現代の作曲家によるクラシックのジャンル)とは一線を画したもので、オーケストラから多ジャンルとのコラボまで幅広く、あまり既成の概念にとらわれていない音楽活動をしているジャンルのようです。
「NEW MUSIC」をキーワードにつながりを作るような動きもあり、私も興味をもったので関連するアカウントをいくつかフォローしたり、リツィートをしたりすると、私のことをそういった人たちのリストに加えたりする人もいます。

様々な楽器の人がいますが、ピアニスト、作曲家が多いという印象です。やはりアメリカ人が多いようです。
音源もたくさんあるので興味のあるものは聴いていますが、その中で二人、コラールを作曲している女性の作曲家がいてかなり感動しました。

以下Daleさんの音源です。

Dale Trumbore | Choral Works(蝶々の写真があります。念のため)

私もコラールを研究してみようと思って、さっそくバッハの四声コラール集を入手しました。そのことをDaleさんに伝えたら、ちょっとユーモアのある?短いアドバイスをくださいました。それに対して、作曲家の中にはバッハのコラールで和声の勉強をすることを勧めている人がいるけれど、あなたのアドバイスも役立ちます。目標は良い音楽です。と返したら。「いいね」で締めくくってくれました。

今、プーランクの楽譜もちょっと分析したりしていますが、バッハのコラールを弾いてやはりいいなと思い、そして現代のすばらしい作曲家にも出会い、新旧関わらず日々いい音楽からたくさんの刺激を受けています。
山下洋輔さんと茂木健一郎さんの対談形式の『脳と即興性』(PHP新書)の中で、山下さんが即興のために必要なことのひとつとして、たくさんの音楽を自分のなかに持っておくことということを書かれていたと思います(返してしまったので多少あいまですが、そんな意味のこと)。それは作曲にも当然必要なことだと思います。

結局たいしたことはできないかもしれないですが、意欲のある限り取り組んでいこうと思っています。


bachJPG.jpg


posted by yoko at 23:13| 京都 | Comment(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月03日

クラシック音楽におけるポピュラー性とは?

シェーンベルクの『作曲の基礎技法』の中に、「ポピュラー調」、「ポピュラー性」という言葉が出てきます。前回のブログで武満徹がポピュラー音楽を嗜好したという、一柳彗さんの分析について書きましたが、例えばシェーンベルクは次のようなことを書いています。

「シューベルトの多くのメロディーがポピュラー性をもっているのは、ポピュラー音楽に見られるように、一つのリズム形が、たえず反復するからである。しかし、シューベルトのメロディーの高貴さは、そのゆたかな旋律線のなかに、本来のものとして秘められている」

また、

「彼らは、自分のテーマに、ちょっとした「ポピュラー調」を求めた。
(彼らはクラシック音楽の巨匠のこと)

クラシック音楽における、ポピュラー性とはやはりその言葉のとおり、わかりやすさ、親しみやすさということになるような感じですね。
バロック、古典、ロマン派(後期途中くらい?)くらいまでのクラシックはそういう意味ではわかりやすい、感情移入しやすいものが多かったのかもしれません。その後、だんだんとポピュラー性を排除していった(それが目的でなくても結果的に)のが、一般的に現代音楽と呼ばれているものでしょうか。

私はやはり自分の音楽を、「わかってほしい」からポピュラー調路線ですね(笑)。


posted by yoko at 00:39| 京都 ☁| Comment(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月01日

一柳彗さんの語る武満徹

作曲家でピアニストの一柳彗(いちやなぎとし)さんの『音楽という営み』(NTT出版)という本を読んでいます。1998年出版で少し古いですが、西洋と日本の音楽の違いを中立的な視点で分析されているなど、非常に興味深いテーマについていくつも書かれています。
この本の中の、「同時代の作曲家」という中で武満徹について書かれています。一柳さんは武満さんとのつながりが深かったようで、一柳さんの分析する武満徹像は興味そそられます。特に気になった一部を引用します。

「武満の音楽に対する姿勢は生涯ほぼ一貫していたと言ってよいだろう。たしかに、詩的なたたずまいのなかで緊迫感が持続する初期の作風とくらべると、七〇年代から晩年までの作品は成熟度が高まるにつれ、先鋭さが影をひそめてくる。晩年の作品では、古典的な三和音を意識的に用いた耽美的な音色や、たゆとうような甘美な旋律がしばしば用いられており、ケージが六〇年代に述べていた甘さがいよいよ目立つようになってくる。現代の作曲家で古典的な三和音を度々使用した作曲家は武満くらいであろうが、私にはそれは、クラシック音楽から援用されたものというより、武満のポピュラー音楽への嗜好がそうさせたものと受け取れる。

武満は自らを、ドビュッシーと関係づけて意識していた面があるようだ。ドイツの音楽の重々しい石の建築物のような有機的な構築性より、ドビュッシーの音楽が内在させている自然との交感や文学性、音楽的には多彩な音色や瞬間瞬間の独立した響きが織りなすテクスチュアに共感を覚えたのであろう。武満の音楽の洗練された内容は、たしかにドビュッシーを彷彿させるものがある。」

このあたりを読んで思ったのが、ここでいうポピュラー音楽とは何か?ということです。現代、音楽ジャンルとして一般的に言われているポップスやロックと言った意味ではないように感じました。より、一般の人(専門家、マニアではない)にわかりやすい音楽ということではないかということです。私も武満徹の歌曲は好きです。やはりわかりやすいからだと思います。「甘い」とか「ポピュラーである」ことは現代音楽の作曲家としては、あまり評価されないことなんでしょうかね? とても気になるテーマです。
ちなみにジョン・ケージは一柳さんに「私はトオルの音楽の甘さには耐えられないが、彼は人物としてはすばらしいと思う」と言っていたということです。

また、おもしろいなと思ったのは、ドビュッシーに傾倒していた武満徹は十代で一柳さんと付き合い始めたころ、作曲家になるか、美術評論家か迷っていたそうですが、ドビュッシーも音楽と同じくらい絵が好きで、葛飾北斎など日本の画家に強い影響を受けて作った作品もあるということです(ドビュッシーのエピソードは以前別の雑誌で読みました)。武満徹はドビュッシーの音楽の中にある「絵」を感じたのかもしれませんね。

私は武満徹についてはそれほど知りませんでしたが、一柳さんの文章を読んで興味が深まりました。実は私は人の作品ややっていることは内面の表れであると思っていて、その人が何を考え、どんな人物であるかということの方により興味を持ちます。例えばダニエル・バレンボイムの音楽はほとんで聞きませんが、彼の哲学には強い関心があります。そういう人は他にも何人かいます。一柳さんの曲もまだ聴いたことがありませんが、こんな素晴らしいことを色々考えている人がいたんだと思いました。音楽も聴きます、近々(笑)。

posted by yoko at 23:51| 京都 ☁| Comment(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月24日

音楽はどうあるべきか?

ツイッターでフォローしているオランダのピアニスト(Improvisation(即興演奏)を主にされているようです。)が先日次のようなことをつぶやきました(英語で)。

「音楽は美しくなくてもいいが、意味がなければならない」

彼の即興曲は美しいです。彼の曲を聴くまでは、即興といえばジャズか、よくわからない演奏などというイメージだったので、最初聴いた時は驚きました。

上のつぶやきが気になったので、リツイートする際次のようなことをコメントしました。

「普通の聴衆は美しさを求めるかもしれない。専門家や評論家は意味を求めるかもしれない」

そうすると、また返事がきました。

「聴衆に合わせて音楽を作るべきか?」

実はこれはけっこう本質的な課題だなと前から思っているし、どの時代の音楽家たちもこのことについて考えていたのではと思います。
ツイッターのような短い分の中で(英語だとなおさら書けることが限られる)、この難しい質問に対してどのように答えるかしばらく考えました。

答えになっているかどうかわかりませんが、次のように答えました。

「私に関して言えば、私の音楽は私自身であり、聴衆によって変わることはないです。聴衆の反応を感じた時、私は自分の音楽の意味を見つける」

短く書くために、このようにまとめましたが、彼は、そんな個人的な話ではなく、もっと音楽とはどうあるべきかということを最初に投げかけていたのだとは思います。

いつの時代も最先端を行く音楽家は、新しいものを作る使命を感じていたのだと思います。それは今も同じでしょう。
でも、作曲家の吉松隆さんも、音楽は行きつくとこまで行ったと著書に書かれていました。音楽をどんどん壊していって、ついにばらばらになってしまったというようなことを。

芸術はいつも新しいものを求めていかなければならない性質があるのかもしれません。

私にとって、私のできる音楽は人と共有するためのものと思っています。本来の音楽の役割でしょうかね。コミュミケーションするための音楽。
日々、過去の音楽家の作品に触れ、芸術の素晴らしさを実感しながら、人に聴いていただくための音楽に取り組んでいるという感じです。

このやりとりを見てかどうかわかりませんが、同じピアニストをフォローしているスイスのヴァイオリニストがフォローしてくれました。ほとんど日本語で書いてるんですけど、怪しい英語も混ぜながら書いていくつもりです。まだまだフォロワーは少ないんですけど💦。

posted by yoko at 23:59| 京都 ☀| Comment(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月19日

「福袋コンサート」

最近、作曲とImprovisation(即興)の関係についてあれこれ考えているさなかですが、今日はパブロ・エスカンデさんからお招きいただいたコンサートに行ってクラシック音楽を楽しんできました。日本テレマン協会のマンスリーコンサート(室内楽)ですが、今日のタイトルは「New Year's Gift 福袋コンサート」でした。さすがパブロさんらしく、テレマンからクライスラーまで変化に富んだ楽しいプログラムでした。
ゲストのソプラノが歌われた、ヨハン・シュトラウス二世の「春の声」の演奏はワルツのリズムにとてもわくわくしたし、クライスラーの「プレリュードとアレグロ」は大好きな曲で、生で聴けてやったーという感じでした。素晴らしい演奏でした。
これらの曲は花があるというか、気持ちが高揚しますね。静かな曲が心を安らかにするのに対して対照的で、どちらも音楽の素晴らしいところだと思います。

パブロさんは前半はチェンバロ、後半はピアノ伴奏でしたが、本当に何でも弾かれるしいつもすごいなと思います。
そうやって聴きながら、いつも自分の音楽についても考えています。いい刺激となります。

osakaclub2.jpg


posted by yoko at 23:52| 京都 ☀| Comment(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月15日

「生」とは

「ゆ〜るりぶろぐ」でも書いていたと思うし、このブログもどこかで書いた気もしますが(記事が多くなるとだんだん把握できなくなる)、また『フリッツ・イェーデの音楽教育』-「生」と音楽の結びつくところ(小山英恵著/京都大学学術出版会)の中から引用します。

「イェーデにとって「生」とは、ニーチェの言う「生」と同様に、すでに硬直した知識や物質的なものではなく内面的なものの絶えざる生成であり、機械的なものではなく有機的なものであったといえる。(中略)
また、イェーデにとってこの「生」とは、各専門分野への個別化と対極にあるものを意味した。イェーデは、音楽、絵画、文学、宗教、哲学、数学といった専門分野が互いに関連なく存在することを批判する。それらは人間の内面において1つであり、「その破壊は、われわれが人間であることの切断を意味する」とした。イェーデは、これらが1つであることの感覚は、学校によって切断される前の「子どもの中に無意識に生きている」ものであると述べている。つまりイェーデの言う「生」には、人間が本来もつ内面の全体性という意味も含まれていた。」

「フリッツ・イェーデは、20世紀初頭のドイツにおいて活躍した音楽教育実践家であり、青少年音楽運動の指導者」(引用)ですが、時代も国も違っても彼の指摘する問題は現代日本でもあてはまりそうですね。

これを読んだ時、幸い私はもしかしたら学校によって切断されなかったのかなと思いました。音楽が一番ですが、その他にも色々興味があります。内面でつながっているという認識もあります。そのように認識できるようになったのはわりと最近ですが。
例えば、モーツァルト、茶花、いわさきちひろ、が好きなことは私の中の価値観によってつながっています。

音楽家の本などに、表現力を高めるには音楽ばかりでなく、他の芸術に触れたり、本を読んだり、色々なことを経験することが大切であると書かれていたりします。でも、私にとってはそれは、音楽の表現のためにという意識ではなく、ごく自然なことです。好奇心のあるものはなんでも自分の中でつながっているから。

まずは私という「個」があって、色々なことを感じて、考えて、たまたま音楽が大好きで、それが私の表現手段として一番なのだと思っています。


posted by yoko at 23:54| 京都 ☀| Comment(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月11日

懐かしい歌

実は中学の時、合唱部でした。1年生の1学期はなぜか体操部に入っていたのですが(もともと活発な子供でしたから)、音楽の先生に勧められて合唱部に移りました(そんなに歌うまくないんですが)。
部員は兼部の男子も含めて100人くらいの大所帯でした。合唱は学校でちょっとしたブームでもあったように思います。今でもNHK合唱コンクールの曲やいくつかの合唱曲を覚えています。
1度だけ毎日放送かどこかのコンクールに二重唱で参加しました(私はアルト)。一緒にもう一組三重唱で参加した仲間もいました(私、伴奏した気がするけど記憶があいまい)。その時の音源がテープに録音してあってその後何度か聞いていますが、さすがに古くてテープが伸びてしまって多分もう聞けない(-_-;)。
歌は覚えているんですが、あの曲のタイトルは何だっけと気になって、出だしの歌詞で検索したら見つかったからインターネットってやはりすごい!
『秋の歌』なんですが、なんとメンデルスゾーンの曲で日本語訳は吉田秀和さん! 知らんかった(忘れたのかも?)。吉田秀和さんと言えば、貴重な『モーツァルトの手紙』を翻訳した音楽評論家。

三重唱の方は、『遥かな友に』。これは日本の歌で、磯部俶さん作詞・作曲(1951年)。

Youtubeにももちろん、あります。
『秋の歌』
すごい、私たちが歌った同じ曲とは思えない! 私たちはもっとゆっくり歌いました。日本語で。

『遥かな友に』
YouTubeは男声合唱。友だちは女声三重唱でした。なんか、泣けますね、この曲。じわーっときます。

美しいハーモニーは、曲を作る時いつも意識することですが、声楽のハーモニーの溶け合う魅力はまた格別な気がします。
曲のタイトルが思いだせて、またすばらしい歌もYouTubeで聴けて、よかったです。


posted by yoko at 00:15| 京都 ☀| Comment(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月08日

世界の子守歌

昨日、自転車に乗りながら、ふと子守歌を作ってみようかなと思っていたら、モチーフを思いつきました。ああ、タイミング悪いなと思いましたが、生協に行く途中だったので生協の自転車置き場に着くとiphoneを取り出して、まわりを見てあまり近くに人がいないのを確認して、ボイスメモに録音しました(怪しい(笑))。
でも、結局その後操作ミスで消してしまったのです。それで夕方ピアノに向かってまた、子守歌をイメージしてたら思いついたので、作りはじめました(午前のモチーフは思い出せませんでしたが)。

以前読んだ『赤ちゃんは何を聞いているの?』(呉東進著/北大路書房)の中に、世界の子守歌をピックアップして調べたら、440ヘルツ(中央ドの上のラ「A」)の音が一番使われていたということが書いてありました。この音は赤ちゃんの泣き声の高さと言われていますね。胎内によく聞こえる音でもあるということです。言語や文化が違っても、人としてのベースは同じなんだと思えますね。とても興味深いことです。

私の作った曲は、シャープ6個(F♯)。調はフィーリングで決めていますが、今回はこれが合うなと思ったので。Aは全部♯してるからAはゼロですが(笑)、まあ、440ヘルツというのもそのあたりということのようです。

たまたま思いつきで検索したらおもしろい動画がありました。
42 Lullabies from Around the World - Lullaby for Babies
世界の子守歌の動画です。おもしろい! スペインは子守歌までフラメンコで、目がさめそうです(笑)
歌にはそれぞれの文化が反映されているんだなと、改めて感じます。




posted by yoko at 00:47| 京都 ☀| Comment(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月05日

音楽と共に

こんな記事がありました。「95歳の認知症おじいちゃんが受け取った、人生最高のサプライズ」
あるピアニストが認知症のために介護施設に入り、一緒に演奏する人がいなくなってしまったのですが、介護職員の協力で演奏仲間を募集したところ、80人以上のミュージシャンから「喜んで協力する」と連絡があり、セッションが実現したということです(日本ではなかなか難しい?)。

私が中学の時にピアノを習っていた大学の教授は今は介護施設に入っていらっしゃると聞きました。私はまだ会いに行けていませんが、先生は施設にピアノを寄付したにもかかわらず、弾かせてもらえないということでした。事情はわかりませんが、辛いのではと思います。

以前、友だちがケアマネージャーをしている施設に行って音楽イベントをした時、全調のハーモニカ(全部で24本のはず。たまげました!)を準備して最前列で音楽に合わせアドリブもありの演奏をされていた、元ハーモニカの先生がいらっしゃいました。

ずっと音楽と共に生きてきた人たちは、そのまま死ぬまで音楽を続けたいのだと思います。私もそれを望んでいますから!(笑)


posted by yoko at 00:28| 京都 ☁| Comment(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月03日

梅宮大社へ初詣

今日は家族3人で初詣へ行きました。梅宮(うめのみや)大社です。ここは、酒造、子宝や縁結びの他、学業、音楽芸能(!)の神様が祀られているということですが、その始まりはおよそ1300年前ということです。
近くの松尾大社の初詣に比べると人も少なく、屋台などもなく、静かでゆっくりできる感じです。四季折々の花が楽しめる神苑は、今は花は少ないですが、それでも椿、梅(早い?)、水仙、千両・万両・南天の赤い実などが見られるし、木々には春を待つまだ閉じている新しい芽がたくさんあって、自然の生命力を感じることができます。

いつもお守りは買ったり持ったりしないのですが、「音楽芸能成就」のお守りを買ってしまいました(笑)。今年もきっといいことがあるという予感がします(ポジティブです!)。

umenomiya1.jpg


umenomiya2.jpg


umenomiya5.jpg


umenomiya3.jpg

umenomiya4.jpg


posted by yoko at 22:58| 京都 ☁| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月02日

『The Starfish Story』

少し前にカリフォルニアに旅行に行った友達が2週間ほどの間に2回も聞いたというお話を送ってくれました。『The Starfish Story』ヒトデのお話です。
じぶんなりに意訳してみました。

老人が明け方の海辺を歩いていました。見ると前方に少女が歩いています。彼女はヒトデを拾っては海へ投げ入れています。老人は少女に追いつき、そしてどうしてそんなことをしているのかたずねました。少女はヒトデがこのままここで朝日にあたれば死んでしまうからと答えました。「だけど海岸は何マイルも続いているし、何百万というヒトデがいるよ」「そんなことをしてもあまり意味がないのじゃないかな?」と老人は言いました。少女は手に持っているヒトデを見て、そっと波間に投げました。「このヒトデにとっては大切なこと
よ」


そこの土地の人たちはこの話が好きだということです。友だちも好きだと言っていました。私もとてもいい話だなと思ってブログに書こうと思いました。こちらから見れば無数にあるうちの一つ。でも逆にそれぞれにとってはたった一つの大切な命。短いながらとても感動的なお話だと思いました。勝手にこのお話に励まされた気持ちもあります。たとえわずかなことでも意味はあるはずだと。皆さんはどのように感じられるでしょうか?

posted by yoko at 15:19| 京都 ☀| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月01日

今年も楽しく弾けたらな

あけましておめでとうございます。

今日は夕方3時間ほどピアノを弾きました。作曲・編曲をイメージしながらたくさんの即興と、あとは自分の曲ばかり。珍しくクラシックはなしです。「きらきら星」の編曲も少ししました。敬愛するモーツァルトの素晴らしい変奏曲がありますが、なんとなくやってみたらおもしろいので。

結局、自分の今まで録音した曲を全部弾くには時間が足りなかった。3時間なんてあっという間です。
今年も楽しくピアノを弾けたら幸せです。

toratake1.jpg


posted by yoko at 22:59| 京都 ☀| Comment(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月31日

来年に向けて

昨日と今日は出かけている時間が長くて、結局ピアノは弾けないまま今年は終わります。ピアノを弾くのは練習という側面もありますが、ただ弾きたいという気持ちが強いです。しばらくぶりに作曲、編曲もして、また次の作品も作りたいという思いがあります。弾けない間も頭の中はずっと音楽が流れています。
今年は作曲を30曲ほど、アンサンブルとソロの編曲を20曲ほど(いずれも録音してないのも含め)しました。
来年もまた作り続けられたらと思います。そして、少しでも多くの人に聴いていただきたいです。平和を願いながら。


posted by yoko at 23:56| 京都 ☔| Comment(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月20日

『ヘンゼルとグレーテル』

今日は大阪府島本町のケリヤホールで行われた歌劇『ヘンゼルとグレーテル』を観に行きました。このイベントは町制75周年記念事業ということですが、この歌劇の音楽監督と指揮のパブロ・エスカンデさんからお知らせいただきました。歌劇は英語ではオペラですが、ライプで観るのは初めてでした。「フィガロの結婚」(モーツァルト)、「セビリアの理髪師」(ロッシーニ)、「ルサルカ」(ドヴォルザーク)、「カプリッチョ」(リヒャルト・シュトラウス)などの海外公演をDVDで観たことはありますが、規模は小さくてもやはりライブはいいなと思いました。
伴奏はピアノだけで、パブロさんと奥さんの三橋桜子さんの連弾でしたが、最初から最後まで途中20分の休憩以外はずっと弾きっぱなしで、大変だろうなと思いました。
後でパブロさんに教えてもらったのですが、作曲は エンゲルベルト・フンパーディンクでクリスマス向けの作品らしいです。
最後は子供たちの合唱ですが、うるうるきました。子どもたちの歌声ってなぜか心揺さぶられます。私にとって最大の謎である「音楽はなぜ涙をさそうのか?」を今日もまたまた感じさせられました。

hanselgretel.jpg
posted by yoko at 23:24| 京都 | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月18日

かわいい子たちからプレゼント

今日、近所の乳児保育室の子どもたちからかわいいプレゼントを受け取りました。残念なことに私はちょっと近くまで出ていて夫が受け取りました。小さな子が保育士さんに付き添われて「いつも遊ばせてくれてありがとう」というようなことを言ってプレゼントを渡してくれたそうです。
うちの家は家の前の車の通る道から少し下がった位置にあり、そこから家のまん前の細い道に下りるために家を建てた時スロープを作りました。そのスロープは近所の子や保育室の子どもたちの遊び場になっています。うちの家の前はそれほど交通量も多くないので子供たちは道路で遊んでいますが、やはりスロープは変化があっておもしろいのでしょう。
保育室の子どもたちは時々保育士さんといっしょに散歩にやってきてスロープの所で遊んでいます。ハイハイしている子もいれば、よちよち歩きの子もいます。その様子は本当にかわいらしいです。
保育士さん達とも何度か言葉を交わしていて、私は児童館に行っていてこのくらいの子たちのイベントでピアノを弾いているんですよという話をしたこともあります。私がピアノをしていることは以前からご存知でしたが、児童館のことは少し驚かれていました。
プレゼントの中身は手作りクッキーでした。いっしょにこねたりしたのかな? ほのぼのした気持ちになりました。

cookie.jpg



posted by yoko at 23:53| 京都 ☁| その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする